銀行のカードローンなら専業主婦でも借り入れができます

消費者金融では原則的に自身に収入のない専業主婦は借り入れを行うことができません。そのため、銀行のカードローンを利用しましょう。

 

この銀行のカードローンでは配偶者貸付という制度を利用することで、夫に定期的な収入があればそれを元に借り入れを行うことができます。

 

主婦にもおすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦の銀行のカードローンの契約方法

専業主婦が配偶者貸付制度を利用して銀行のカードローンの契約を行う場合、以下の書類が必要になります。まずは自分の身分証明書です。これは免許証や健康保険証、もしくはパスポートなどが利用できます。そして次に配偶者である夫の同意書が必要です。

 

またその夫との婚姻関係を証明する住民票や戸籍抄本・謄本などの書類が1点必要になります。身分証明書は何かしらを所持していると思います。また住民票なども役所に行けばその場で発行してもらえます。ですが問題は夫の同意書です。この同意書を書いてもらうということは、夫にカードローンを利用することを認めてもらわないといけません。

 

 

○夫の同意書を必要としない銀行があります

 

夫には秘密でカードローンを利用したい場合、夫の同意書を必要としない銀行を選択する必要があります。そのような銀行は、大手では三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行、地方銀行では東京スター銀行と横浜銀行、そして新興銀行ではイオン銀行と楽天銀行が、契約時にこの同意書の提出の必要がありません。

 

 

○住民票などの書類も必要がない銀行があります

 

上記の夫の同意書を必要としない銀行のうち、横浜銀行と楽天銀行では住民票などの婚姻関係を証明する書類も必要ありません。この2行を利用すると、役所に書類を取りにいく手間もなく、専業主婦でも身分証明書だけで借り入れを行えます。

 

専業主婦はカードローンの契約の際に、夫の年収や勤務先、その連絡先を申し込み用紙に記入しますが、夫への在籍確認などは一切なく、カードローンを契約したことを夫に連絡するようなこともありません。契約を行ったのは本人なので、夫であろうと他の人にその契約内容は話しません。なので夫にバレてしまうことはないので安心してください。もちろん返済も本人が責任をもって行ってください。

 

また横浜銀行ではカードローンを契約できる条件として、東京都、神奈川県、もしくは群馬県の一部の都市に勤務、もしくは居住している必要があります。専業主婦の場合は勤務先がないので、それらの地域に居住している必要があります。

 

 

■専業主婦が借り入れを行える額は?

 

この配偶者貸付制度で専業主婦が借り入れを行える額は、ほとんどの銀行で30万円までと決まっています。これは夫の収入には特に左右されず、年収が多い場合でも同様です。

 

これには理由があり、いくら夫に収入があっても、専業主婦がそのうち自由に使える額は限られていると銀行は考えるからです。本人には収入がないので、返済は夫の収入が頼りです。そのうち毎月無理なく返済できる範囲として30万円までなら問題はないと考え、この額までになっています。

 

 

○50万円まで借り入れを行える銀行もあります

 

上で挙げた銀行のうち、イオン銀行と楽天銀行では専業主婦でも50万円までの借り入れを行うことができる場合があります。必ずこの額まで借り入れを行えるとは限りませんが、他の銀行が専業主婦に対しては軒並み30万円を限度額としているのに対し、条件次第で50万円まで限度額を設定することがあります。

 

イオン銀行はご存知ショッピングモールのイオンが経営しており、楽天はショッピングがメインのネットサイトということで、それらをよく利用する主婦に対して融資枠を大きくしていると思われる面があります。

 

50万円の借り入れを行うには夫の年収額など、50万円まで貸しても返済に問題がないと審査で判断される必要がありますが、すぐに30万円以上が必要な場合、もしくは少しでも枠を大きくとっておきたい人はこの2行に申し込みを行うと、限度額が50万円の契約を行える可能性があります。

人気キャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日