派遣社員にとって重要なのは勤続年数と信用情報

キャッシングを利用する際、申込日に借入が受けられる即日融資は便利なものですが、派遣社員であっても即日融資を利用することは可能です。

 

またアルバイトやフリータなど非正規雇用な職業に就いていても即日融資は利用できるようになっています。現在のキャッシングでは即日融資は当たり前のサービスです。キャッシングでは審査に通る必要がありますが、申込者が信用事故を起こしていなければ、職業は審査に大きな影響を与えないのです。

 

パートやアルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

派遣社員でもキャッシングの審査は問題ない

キャッシングの審査において職業は重視される項目です。たしかに正社員や公務員に比べ派遣社員は不利な職業です。しかし派遣社員やアルバイト、パートであることを理由に審査で落とされることはありません。

 

審査の結果、融資される限度額が限定されてしまうだけで、通常のキャッシングの利用においてはなんらの問題もないのです。特に10万円程度の少額な利用であれば、問題なく審査は通過できるため、心配する必要はありません。

 

借入状況に問題がないことが大切

キャッシングの審査において重視されるのが借入状況です。申し込みの段階で、他社から多額の借入がある場合には、新たな融資の返済が困難になってしまうため、キャッシングの審査で落とされてしまう可能性があります。毎日勤務している派遣社員であれば、返済の原資となる給与を一定額、確保していることになります。そこで多額の借入さえなければ確実な返済が見込めるため、審査においては借入状況が重視されることになるのです。

 

既に借入金が年収の1/3までに達していたら、融資は受けられない

消費者金融からのキャッシングでは総量規制とよばれる法規制の影響を受けます。この総量規制は、利用者の借入を年収の1/3までに限定するというものです。そこで既に他社カードローンから、年収1/3の金額の借入をしていた場合には、追加の借入は受けられなくなります。総量規制は貸金業である消費者金融に対する規制であるため、銀行は関係ありません。そこで銀行カードローンを利用すれば追加の融資を受けられる可能性もありますが、上述の通りキャッシングの審査では借入状況を厳密に調べられるため、追加の融資は難しくなってしまいます。

 

信用情報も審査に影響する

現在の借入状況は審査に大きく影響しますが、信用情報も審査において重視されます。信用情報は過去のキャッシングやクレジットカードの利用データを集積したものです。過去において重度の延滞や度重なる延滞場合には信用事故という形で記録が残ってしまいます。信用事故の原因は重度の延滞が最も多くなっています。一般に61日以上延滞すると信用事故として記録されてしまいます。ただし金融機関からの電話連絡に応じないなど内容が悪質である場合には61日未満の延滞でも信用事故として記録される可能性もあるため注意が必要です。

 

またこの信用情報はキャッシング以外の情報からも記録されます。クレジットカードや携帯電話の分割払いなど各種の支払い情報からも記録されるため、クレジットカードの支払いを延滞したことがある場合などにはキャッシングの審査が通りづらくなる可能性があります。

 

派遣社員であっても、各種の支払いを適切に応じていた場合には、信用情報は綺麗な状態で記録されています。信用情報が傷ついた正社員よりも信用情報が綺麗な派遣社員のほうが審査では高く評価されます。信用情報さえ綺麗に保てていれば派遣社員であっても問題なく審査には通過できます。

 

派遣社員では勤続年数が重視される

非正規雇用の人たちがキャッシングに申し込む際に重視される項目に、勤続年数があります。勤続年数は、雇用の安定性を示すバロメーターであるため、非正規雇用の人たちの申し込みに際しては特に重要視されているのです。

 

非正規雇用が不利なのは、年収の低さが原因ではない

正社員に比べ非正規雇用の人たちが審査で不利になる原因は、一般に考えられているのとは異なり、年収の低さではありません。雇用が不安定だからです。申込者の年収が低くても雇用が安定していれば、キャッシング会社は融資枠を限定する形で融資を行い、着実な返済を受けられます。しかし雇用が不安定だと、返済の原資となる給与がなくなる可能性が生じ、確実な返済をえられなくなってしまいます。

 

そこでキャッシング会社では申込者の勤続年数を重視しているのです。申込者が派遣社員やフリーターであっても、勤続年数が長ければ、その仕事を長く継続することが見込めます。勤続年数が長ければ、雇用が安定していると判断でき、審査に有利に働くのです。

 

派遣社員やフリーターであって勤続年数が短い場合、審査は厳しくなってしまいます。勤続年数は突然長くすることは不可能なため、審査の甘いクレジットカードを利用することで履歴を残す「クレヒス修行」をするなどの対策が必要となってきます。

人気キャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日