少ない金額を早く受け取りたい場合は消費者金融を利用すべきです

自営業をされている方がキャッシングで当日中にお金を受け取りたいとなった場合、消費者金融や銀行を利用することになりますが、どちらが良いかについてはその目的であったり、いくらぐらいの金額を借りたいかで変わってきます。仮に目的が会社に関わることであれば金額も大きくなるので、銀行でキャッシングするべきでしょう。

 

逆に会社とは関係ない個人的なことが目的なら、金額もそれほど大きくならないため、消費者金融でキャッシングするほうが審査にも時間がかからないといった点からも良いと思います。また、消費者金融をおすすめする理由にはもう1つありまして、小さな金額のキャッシングでは銀行も消費者金融も金利の差がないと言ってもいいからです。

 

会社用として借りるのか、それとも個人的なことで借りるのかをはっきりさせる

前述の通り、銀行、消費者金融、どちらでキャッシングすべきかというのは、その目的によって違ってきますので、そこをはっきりさせるようにしましょう。もし、それが個人的なことであれば、あまり多くのお金は必要ないでしょうし、急いでいる場合も多いかと思われます。

 

そのような場合は消費者金融でキャッシングすることを強く勧めたいのですが、理由としては、小さな金額であれば借りる期間も短い場合が多く、早くお金を受け取りたい方も多いため、それらの点を全て満たしているのが消費者金融とされているからです。

 

反対に会社用としてキャッシングする場合は、期間が長く、かつ金額として大きくなるため、銀行でキャッシングするのが賢明かと思われます。これは大きな金額となると銀行のほうが金利が低いためであり、消費者金融でキャッシングしてしまうと、金利分だけでもかなりの額となってしまうためです。

 

至急お金を受け取りたい場合は、消費者金融でキャッシングする

このことは自営業をされている方のみならず、キャッシングの常識とも言えるべきことですが、至急お金を受け取りたい場合は、絶対と言っていいほど消費者金融でキャッシングするほうが良いと言われています。なぜなら、消費者金融は銀行でキャッシングする時と比べ、短時間で審査で終えることができ、審査で合格できる確率も高いためです。

 

さらに言えば、至急お金を受け取りたいという時に、金利が高い、低いといったことは気にしている余裕はないでしょうから、早くお金を受け取るには消費者金融を利用したほうが良いと思います。

 

消費者金融においても会社用のキャッシングサービスは存在する

有名な消費者金融なら、自営業をされている方や会社を営んでいらっしゃる方に向けたキャッシングサービスが取り扱われているところもあるようです。例を挙げるなら、プロミス、アコム、アイフルとなり、この3つの消費者金融のいずれかのサービスを利用するといったことも悪くはないと思います。

 

そして、もし3つの中から会社用で選ぶとしたら、金利が一番低いことからプロミスを利用するとよいかもしれません。また、プロミスのこのサービスは会社用としての他にも生活資金のためとしても利用できるからです。他の消費者金融についても見てみると、アコムでは”ビジネスサポートカードローン”というものが存在するのですが、こちらは利用目的に関する制限が記載されておらず、”自由”という文字のみが記載されていることから、最も自由に利用できるサービスと言えるでしょう。

 

残るアイフルですが、アイフルでは”事業サポートプラン”というものが取り扱われており、このサービスに限っては会社用以外の利用は認められていませんし、審査においても2期分の決算書を求められることになります。決算書については、アコムやプロミスでも求められることになっていますが、これらの消費者金融では1期分のみで審査が行われるので、この点だけを考えるとアイフルは厳しいと言えるでしょう。

 

ですが、そのような厳しさからアイフルでは希望通りの多くのお金を借りられる可能性も高く、会社用のお金として多額のお金を借りたい方からすれば、厳しく審査が行われるとはいえ、非常に有り難い消費者金融となります。そして、このことが会社用としてのキャッシングサービスと個人用としてのキャッシングサービスの異なるところとも言えそうです。

 

会社用としてのキャッシングであれば銀行を利用したほうがよい

消費者金融でも会社用としてのキャッシングは存在することは前述の通りですが、それでも銀行と比べると金利面では劣るので、百万円単位のお金を強く望むなら銀行を利用したほうがよいでしょう。ただ、銀行では会社用に特化したキャッシングサービスはそれほど存在しないというのが現状で、東京スター銀行に”スタービジネスカードローン”が存在するものの、他の大きな銀行であっても取り扱われていないところが非常に多いです。

 

大きな銀行においての会社用のキャッシングサービスは相当堅苦しい

銀行ということで、会社を相手にキャッシングサービスは行われていますが、消費者金融と比べると相当堅苦しいものとなっています。例えば、自営業をされている方がお金が欲しくなって借りるケースよりも、会社を発展させるために借りるケースのほうが多いという感覚であり、さらに付け加えると、上限金額、金利に関しての記載が見られないことから、それらに関しては銀行と会社との対談により決められると思っていただいて良いかもしれません。

 

そして、銀行で取り扱われている会社用のキャッシングサービスはほぼこのことに当てはまるとも言えます。よって、会社用としてのお金を堅苦しい思いをしないで借りるためには、銀行で取り扱われている通常のキャッシングサービスを利用することになり、通常であっても銀行ということで金利がかなり低く、大きな金額であっても借りることが可能です。

 

通常のキャッシングサービスであっても、消費者金融と比べると金利が低い

銀行でのキャッシングは金利が低いですが、これは消費者金融で取り扱われている会社用のキャッシングサービスと比べても低くなっています。それにも関わらず消費者金融で会社用のキャッシングサービスが行われている理由は、金利が低いということではなく、総量規制が適用されないというメリットがあるからです。

 

消費者金融においての通常のキャッシングサービスでは総量規制が適用されるため、1年間の収入の3分の1までキャッシングしてしまっている状態では、いかなるためであってもそれ以上はキャッシングすることができません。1年間の収入の3分の1を超えるというのは多少多すぎの感もありますが、貸し出しを行わないことでその方の事業を頓挫させてしまっては日本全体の経済の発展にも影響するので、お金の貸し出しを認める、と貸金業法では定められています。

 

とはいえ、それは銀行でも同じことであり、もっと言うと銀行ではどのキャッシングサービスであっても総量規制が適用されません。したがって、会社用としてのキャッシングであれば、消費者金融を利用するよりは金利が低い銀行を利用したほうが賢明だと言えるのです。

人気キャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日