消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外

消費者金融のキャッシングには、貸金業法によって年収の壁が存在します。50万以上の融資を希望していたり、他社の借入額と希望限度額の総額が100万円を超えた場合には収入証明書の提出が必須条件です。

 

この法律はかつて社会問題になったグレーゾーン金利をなくすために作られた法律で、利用する消費者を守るものとなっています。ですが、これによって以前よりも消費者金融でお金を借りる事のハードルが高くなったのも事実です。

 

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは申し込みから融資までがとても早くて簡単です。インターネットの普及が著しい今の時代には、WEBでの利用者も多くなっていて、より手軽にお金を借りる事ができるようになりました。以前は街中にある自動契約機などの店舗へ行くか電話や郵送等の面倒な工程があったのですが、今では提出する書類すらもインターネットで画像を送信するだけで済んでしまい、キャッシュカードもなしで融資を受ける事ができます。

 

消費者金融や信販会社などの貸金を専門とする業者には、銀行とは違う貸金業法という法律に従って営業しなければなりません。かつてのグレーゾーン金利のような高い金利で貸し付ける事もありませんし、仮に延滞をしたとしても法外な取り立てなどを行う事ももちろんなく、そのような場合には裁判所を通してきちんと対処する事になりますので大手消費者金融各社ともに安心して利用できる企業と言えるでしょう。

 

そのような経緯もあり、金利は高くても銀行より審査も通りやすい場合が多いのも事実なので利用者も多くなっています。消費者金融の借り入れも収入の3分の1までならば融資ができるので、人によっては2、3社から借り入れているという場合もあります。ただし、他社の返済が間に合わなくてその返済のために新たに借りてしまっている状況になってしまうと、いずれは返済に行き詰まってしまう事が考えられます。

 

複数社の借金は一本にまとめるとお得

基本的にキャッシングの金利は高いので、低金利に設定されているおまとめローンに借り換えるメリットは大きいです。おまとめローンは返済専用のローンなので、キャッシングのように返済し続けていれば限度額までなら追加で借り入れができるという類の融資ではありません。

 

ですから、それまで複数社でキャッシングを利用して返済をしながらまた少し借りるというような事は、おまとめローンにする事でできなくなります。ただ、複数社のキャッシングを自転車操業で回しながら運用していれば、いつかは限度額に達してしまって返済に追われてしまう事になりかねません。

 

そうなると、借金は減らしたくてもなかなか減らない上に、莫大な利息を払い続けなければならなくなるという悪循環になってしまうでしょう。そうなる前にできればおまとめローンで借金を一本にまとめてしまい、まずは少しでも残高を減らしていくようにする方が堅実かもしれません。

 

複数社で借り続けるデメリット

複数社での借り入れに関するデメリットはいくつもあります。借金の返済はとても重要な事ですが、その返済日が月に何度もあるとあちらこちらにいつも返済しなければならず、期日に返済するためのお金の管理がとても大変になります。きちんと返済していても、ついうっかりと返済日を忘れてしまって延滞してしまうという事も起こりやすくなりますし、返済のための資金が用意できなくなった時には一気に複数社からの督促を受ける事にもなり対応にも追われる事になるでしょう。

 

もちろん多くの人が知っているような大手の消費者金融などであればおかしな取り立てのような事は絶対にしませんが、督促活動はもちろんありますので、電話やメール、郵送物等が来るでしょう。そのような状況でさらに借金を重ねてしまうのはとても危険な事ですので、むしろまずは借金を減らすという事を目標にした方がいいかもしれません。

 

消費者金融にもおまとめローンがある

消費者金融は個人のキャッシングの印象がありますが、実はおまとめローンやビジネスローンなどの他の金融商品も用意しています。消費者金融のおまとめローンは銀行のおまとめローンに比べるとキャッシングと同様に金利は高めですが、キャッシングにはある総量規制の対象外になるので、収入の3分の1を超える融資も可能になります。

 

審査はキャッシングと同じ要領で行われますので、必要書類の提出や在籍確認等ができて信用情報にも特に問題がないのであれば、銀行よりも審査には通りやすく結果までが早い可能性があります。消費者金融のおまとめローンの限度額は300万円から500万円ぐらいの事が多く、銀行に比べると少なめではありますが、借りやすさという点では消費者金融の方がやはり勝っているでしょう。

 

融資の条件はキャッシングと同様に満20歳以上で安定収入がある人となっていますので、総額が大きくなるおまとめローンとはいえ雇用条件等もキャッシングと同様で、必ずしも年収が多くなければならないわけではなく、収入に応じてその返済能力を見る事になります。

 

多重債務でどうにもならなくなる前におまとめローンで借金をスリムにする事で月々が楽になりますし、それでも駄目ならば債務整理などの方法もありますので、借金に困ってしまっても諦めないで次の方法を行動に移してみる事をおすすめします。

人気キャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日