主婦の借り入れはキャッシングかリボ払いのどちらがお得?

主婦の人がお金の借り入れを行う場合、リボ払いを利用する方がいいのか、もしくはキャッシングを利用するべきなのかと迷うかも知れませんが、基本的にこれらは同じことです。

 

リボ払いとは、キャッシングの返済方法の1つです。そのため、元々大した変わりはないといえます。それではこのリボ払いとはどのようなものなのかを見ていきます。

 

主婦にもおすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

リボ払いでの返済とは?

キャッシングの返済方法の1つにリボ払いという方式があります。正確にはリボルビング払いといい、これは借り入れ残高に関わらず、毎月定額のみを支払っていく返済方法ですが、正直なところ、この返済方法はおすすめできません。それは支払う金利の額が非常に多いなるからです。

 

返済期間がかなり長くなるのがその理由で、毎月決まった比較的低額の支払いだけで済んでしまうので、ついてこの返済方法を選んでしまうことがあると思いますが、借り入れ残高によっては何年ものかなり長期間、返済を続けなくてはいけなくなります。

 

借り入れ金額の2倍になることも

リボ払いを利用する時に、借り入れ金額に応じたベースの支払い額で返済を続けると、最終的に借り入れを行った額の約2倍の返済を行うことになってしまいます。30万円の借り入れを行って、それをリボ払いのベースの支払い額のまま完済した時には合計して60万円を支払っていることになります。いくら毎月の支払い額が少ないからといって、これでは大変な金利を支払うことになってしまいます。

 

例えば30万円を借りても毎月1万円だけの返済で済むからなどと軽く考えてしまうと、このようなことになってしまうので注意してください。どうしてもこの毎月に支払い額が定額になるリボ払いを利用したい場合、ベース以上の金額の返済を選択してください。この毎月の支払い額が多いほど、返済が早く終わり、支払う金利の額も少なくなります。ですが基本的には支払い金額に関わらず、この返済方法はおすすめできません。

 

キャッシングの返済はどのような方法がいい?

これはキャッシング会社が定めた借り入れ金額に応じた分割払いがベストだといえます。この分割払いの場合、まず返済期限が決められます。そしてその期限までに返済できるように毎月ほぼ均等に分割された金額を支払っていきます。

 

この分割払いでは、借り入れからおおよそ1年程度での完済が期限になることが多いですが、この方法であれば支払う金利の額が極力抑えられます。もちろん一気に完済してしまうに越したことはありませんが、それも難しいと思うので、リボ払いだけは避けて、この期限までに完済する分割払いを選択するようにしてください。返済期間を多少長く設定しても、リボ払いを利用する場合より合計の支払い金額は抑えられます。

 

途中で追加の借り入れを行った場合は?

これはキャッシング会社との契約にもよりますが、この返済期限を決めた分割払いを選択した場合は途中で追加の借り入れを行った場合でも、返済期限は変わりません。そのため、追加の借り入れを行って借り入れ残高が増えると、その分毎月の支払い額が上がることになります。それによって毎月の支払いがかなりの返済額になってしまうことがありますが、これを避けるためにリボ払いを利用すると、借り入れ残高がいくらになっても毎月の返済額こそ変わりませんが、合計してかなりの金利を支払うことになってしまいます。

 

借り入れ状況を実感することも大事です

この分割払いを利用すると、借り入れ金額が増えた分がストレートに毎月の支払い額に反映するため、現在の借り入れ状況を実感することができます。返済額を見て、こんなに返済が大変になるほど借りていたと分かることもあります。
借り入れ残高が増えるともちろん支払いは厳しくなりますが、これだけの借り入れを行っているという現在の状況を実感できるので、余計な借り入れを行わなくなるといえます。リボ払いを利用するとこの実感が全く感じられないので、簡単に追加で借り入れを行うようになってしまいがちです。支払い方法に限らず、キャッシングを利用している場合はこの現在の借り入れ状況を常に把握することが大切です。

 

前倒しで返済できる場合があります

リボ払いで返済をしている場合でも前倒しで返済を行えることがあるので、そのような場合はすすんで毎月の支払い額以上の金額を返済すると、残りの返済期間が短くなり、結果的に支払う金利の額が少なくなります。これはキャッシング会社との契約によるところが大きいので、一度リボ払いを選択して契約してしまうと最後まで返済額が変えられないこともあります。

 

その場合は追加での借り入れは極力避けて、少しでも早く完済を目指しましょう。このようにリボ払いでの返済は毎月の負担こそ軽く済みますが、金利の面で大変損をしてしまいます。キャッシングの返済方法はできるだけこのリボ方法は避けて、これ以外の返済方法を選択するようにしてください。

人気キャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日