生活費がピンチの時には少額キャッシング♪

「あと1万円でもいいから現金があったらな..」と、思ったことって誰でもありますよね。そんな時は、少額キャッシングでやりくりすることができますよ。

 

キャッシングというと、高金利で怖い取り立ての人が来るといった映画やドラマに出てくる街金のイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。

 

無利息期間サービスのあるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

少額キャッシングなら返済も楽々

確かに、いきなり50万とか100万といった高額のキャッシングを返済していくのは、大変なことです。ただ、数万円のキャッシングであれば、毎月の返済額も少額ですみますから、家計の負担になりません。しかし、キャッシング経験者で信用情報機関に事故情報が登録されている方がキャッシングをするのは難しいでしょう。

 

限度額を低くしておく

キャッシングで高額な借り入れをしてしまって、返済ができなくなってしまったらどうしようと、思っている方は最初から限度額を低くしておけば借り過ぎずに済みますよ。

 

限度額を最低にして申し込む

申し込みの際に、限度額を最低の10万円にしておけば、審査もすんなり通って即日融資を実現することもできますよ。しかし、キャッシングに慣れてきて追加融資をちょくちょくやるようになると、結局借り入れ額が膨らんでしまいます。

 

気が大きくなると、我慢せずに購入できるという考えが芽生えてきますので、例え限度額を10万円にしても気を付けなければいけません。何に使うのか?使用する時は、生活費が足りない時だけだったのでは?キャッシングをする時は、よく考えて借り入れをしましょう。

 

キャッシング会社は審査が早い

キャッシング会社は、審査が早くて30分くらいで済みます。それに、本人確認の電話はメールや携帯となっていることが多いですし、勤務先への在籍確認の電話も限度額を最低にしておけばかかってくることがありません。

 

しかし、銀行のカードローンは、キャッシング会社よりも低金利で借り入れができるというメリットあると言われていますよね。でも、数万円のキャッシングでは銀行もキャッシング会社も金利はあまり変わりません。

 

それに、大手キャッシング会社であれば、初めてキャッシングをする方の特典として、30日間無利息といった特典を用意しているところがあります。キャッシング会社の方が、営業時間も長いので、会社帰りに借り入れをして、生活の質を上げることを考えませんか?

 

銀行にも無利息特典があるところも

新生銀行のレイクは、5万円までの借入であれば180日間無利息という凄い特典が用意されています。金利だけだと3万円以上もお得に借り入れができるレイクのキャッシングは、審査も早くて便利だと多くの方から支持されています。

 

無利息サービスの内容をよく読むこと

プロミスとアコムでは、30日間無利息の特典を用意していますが、プロミスはメールアドレスの登録と、WEB明細の登録が必須条件となります。更に、最初の借入の翌日から30日間無利息となりますので、最初の借入は少額にしておかなければお得に無利息期間を利用することができません。アコムは、契約日の翌日から30日間無利息となるように、各キャッシング会社によって条件が異なりますので、無利息になる条件をよく読んでおく必要があるのです。

 

レイクの30日間無利息

レイクには、30日間無利息のサービスもありますが、これは100万円以上の借入の場合のサービスとなります。180日間無利息と、30日間無利息は併用できません。

 

無職の主婦はキャッシングできない?

キャッシング会社での借り入れ条件の一つに、一定の収入があることという条件があります。そのため、専業主婦の借入はできません。しかし、主婦の場合は、別の方法で借り入れができます。主婦の場合は、銀行のカードローンを利用する手があります。夫の同意を得て借り入れをする方法がメインでしたが、最近では夫の同意がなくても借り入れができるカードローンがたくさん出てきました。

 

専業主婦以外であれば、キャッシングの方が早い審査でかりやすいでしょう。学生でも20歳以上で一定のアルバイト収入があればキャッシングは可能となっています。ただし、収入や雇用形態の属性が低いと、限度額はどうしても低くなってしまいます。

 

また、女性の方で借り入れはしたいけど、使い過ぎたら怖いという方向けのキャッシングサービスも用意されています。10万円以内での借り入れで、安心して借り入れができるというものです。申し込みを早くするには、ネットで申し込みをすることです。申し込み後にキャッシング会社によっては、手続きを優先してくれるフリーダイヤルを用意しているところがありますよ。

 

審査が通ったら、キャッシングカードを受けるために、自動契約機に行ってキャッシングカードを受けるのがお勧めです。その方が、キャッシングカードが郵送で送られてこないので、家族にバレる心配がありません。キャッシングカードを受け取ったら、専用ATMからキャッシングをすれば即日融資が簡単にできます。

 

会社の休憩時間に申し込みをして、会社の帰りにキャッシングカードを受け取るといった方法で、勤務中でも楽々キャッシング申し込みが可能となります。簡単に借り入れができますが、返済は計画的に行いましょう。

4万円を即日キャッシングする方法

どうしても生活費が足りないなどの理由から、今日中に4万円のキャッシングを行いたい場合、消費者金融の利用をおすすめします。

 

消費者金融では今や即日キャッシングは当たり前のように行っています。受付時間も毎日21時までです。これは平日や休日を問いません。4万円であれば、1年中いつでも借り入れを行うことが可能です。

 

少額のキャッシングなら銀行より消費者金融

少額の借り入れを希望する場合、銀行より消費者金融をおすすめします。何といっても審査に掛かる時間が違います。大手の消費者金融では30分で審査が終了するところが多く、即日キャッシングをしたい場合はこの審査に掛かる時間から、銀行のカードローンの利用はおすすめできません。

 

銀行でも大手の三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では審査に掛かる時間を最短30分と表記していますが、大手の消費者金融の場合とは実際に掛かる平均時間が違います。あくまで一番短くて30分の場合もあるということで、大手の消費者金融のように30分が目安ではありません。ここに注意してください。

 

金利が低いので審査が長くなります

銀行は消費者金融より金利が低く設定されています。少額の借り入れ時の金利は消費者金融では約18%なのに対して、銀行では平均して14.5%です。この金利の差がある分、消費者金融より銀行では厳密に審査を行うため、それに掛かる時間が長くなると考えてください。銀行のカードローンの審査は消費者金融より厳しいというデータがあります。

 

消費者金融の審査の通過率が約4割なのに対して、銀行はその半分の2割程度です。審査に掛かる時間だけでなく、通過率もこれだけ違うのです。審査が申し込みを行った日のうちに終了しない場合、当然ですが即日キャッシングは望めません。借り入れを行えるのは審査が終了した後日以降になります。即日キャッシングを希望する場合、まず審査がその日に終わることが前提です。また審査を通過しないことには借り入れは行えません。そのため、銀行より消費者金融の利用をおすすめします。

 

少額の場合、金利の差は関係ありません

4万円の借り入れを行いたい場合、消費者金融と銀行の金利の差はどちらかを選択する要素にはなりません。消費者金融の18%でも銀行の14.5%でも、実際の金利額の差はほとんどないからです。例えば4万円の借り入れを30日間行った場合、18%では591円の金利額になり、14.5%では476円です。

 

その差額は115円だけで、これが借り入れ先を選択する要素にはならないといえます。この僅かな差額より、即時キャッシングをしたい場合はまず審査に通過しやすい方を選択するべきです。審査に通らないことには始まりません。そしてその審査に掛かる時間が短いことで、即日キャッシングが可能になります。よって銀行より消費者金融を選択した方がいいでしょう。

 

20時までの申し込みをしてください

消費者金融では平日や休日を問わず、毎日21時まで営業を行っているところがほとんどです。即日キャッシングを希望する場合、その日のうちに審査が終わることが条件なので、その営業時間の間に申し込みを行う必要があります。また審査には30分程度は掛かるので、遅くても20時までには申し込みを行ってください。

 

審査時間は30分でも審査の終了後に説明などもあるので、少なくとも1時間は見ておいてください。もし審査がその日のうちに終わらなかった場合、結果は翌日知らされることになります。銀行では翌営業日ということもありますが、消費者金融は平日や休日を問わず毎日営業しているので、審査を通過できれば消費者金融では遅くとも翌日には借り入れを行うことができます。

 

生活福祉資金という制度もあります

国がお金を貸してくれる、生活福祉資金という制度があります。この制度を受けるには生活に困窮していることが条件ですが、4万円の借り入れを行わないと生活に困るような場合は問題なく借りられると思います。お金の使い道は生活のために限られますが、連帯保証人を付けると無利息になり、それを付けない場合でも3%以下の金利と、かなりお得になっています。

 

ですが申請を行ってから実際にお金を借りられるまでに掛かる期間が約3週間もあるので、即日お金が必要な場合には向いているとはいえません。この制度を利用する場合、お金が足りなくなると分かっている日が来るまでに、早めに申し込みを行ってください。また母子家庭の場合、母子福祉資金という制度もあります。

 

これも連帯保証人を付けると無利息になり、また付けない場合でも低金利で借り入れを行うことができます。申請から借り入れが行えるまでに期間は掛かりますが、子供の学費などと利用目的が決まっている場合はそれに応じた比較的大きい金額の借り入れも可能です。少額の即日キャッシングには消費者金融の利用が便利ですが、お金が必要になるのはまだ少し先といった場合、このような制度の利用も考えてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日